So-net無料ブログ作成
【近状★2019/7/27:ヘッダー画像変更】
*当ブログにある画像や写真の「無断転載・無断配布・二次加工・二次配布」は禁止していますので、
  何かありましたらメールフォーム(別窓)の方にお願いします。
*各絵・各写真への苦情・中傷は受け付けておりません(企業や店舗等は除く)。
*ブログにUPしている一部の写真(原寸)は素材としてPhotoAC(別窓)にて取扱中。
*お知らせ等で記事内を一部修正・追記した場合、更新日時を近くに明記しています。ご確認ください。
三国志 ブログトップ

いざ参らん、リアル三国志 [三国志]

というわけで行ってきました!三国志展


平成館の出入口。
9時半から開館で着いたのは開館直後でしたが、中はかなり混んでいました。

順路通りに行くと、第一会場→グッズ売り場→第二会場、となっているのですが、
グッズ売り場は第二会場から出た後でも購入が可能なので先に見てから買うのも有だと思います。
兎に角展示されている量が多いので(全162品)
音声ガイドと併用してじっくり見たい方は早めに行かれることをオススメします。
私は呉武将の音声ガイドがなかったため借りていません。
周瑜様がいないのはあれでしょ、孫策との用があって来られなかったんでしょ知ってる


因みに展示品は一部を除いて写真撮影が許可されていますが、
数名ほど、マナーの悪い人が目立ちました。
昨日もフラッシュを焚いての撮影や割り込み、長時間の撮影に加え、
カメラ片手に前方にいた人に「ちょっと邪魔なのでどいて下さい」って言ってる人も居ました。非常識!

これらはすべて公式でも禁止されている行為ですので今一度ご確認ください。


SNSへのUPは個人利用のみOKで、二次配布や、お金が発生する商用利用は出来ません。

展示物は


こんな感じです。

グッズはTwitterで「三国志展 グッズ」で検索すると早いです。
画像での検索結果

その中でも異彩を放ってたのがコレ。

温州蜜柑の人…!
まさかここで出会えるとは思ってなかったので爆笑!

どうしてプリントクッキーにしたんだよ!

好きな方はぜひお食べになって。
1箱1,000円ダヨ!

温州蜜柑でございますって書いてあるけど、中身は普通のクッキーだよ!蜜柑の欠片もない!
あっ、そもそも中身がないから蜜柑じゃなくてもいいのか(察し)

あとこれもなかなか好きです。

赤壁(クッキー型) 1,200円

これ、あれでしょ。おもしろクッキー型を作ってるところが出してるやつでしょ!
ここです→https://sacsac.buyshop.jp/

やべえ…赤壁クッキー、量産しなきゃ。
民間伝承によると、この「赤壁」の文字は赤壁の戦いで勝利した後、
祝宴でほろ酔いになった周瑜様が剣で刻み込んだもの、とのことなので
見つけて直ぐに手に取りました。ありがとうございました。

ほろ酔い状態で1m以上の文字を2文字刻むってどんな酔っ払いですか好き…!(どさくさ)


というわけで、堪能してきました三国志展。
来週辺りから夏休みに突入するらしいので、こらから行かれる方はお気をつけて!
あと、マナーはしっかり守りましょう。
nice!(1)  コメント(2) 

リアル三国志の公式本が届いた! [三国志]

関東圏(東京・上野)は2019年7月9日(火)から2019年9月16日(月・祝)まで、
関西圏(九州・福岡)は2019年10月1日(火)から2020年1月5日(日)まで開催される
特別展「三国志」から公式本が販売開始!

6月25日より発送開始、とのことでしたが、
昨日の時点で既に発送されており、本日手元に届きました!

それがこちら▼

「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」 2,500円+送料700円

三国志の文字と枠の部分は金色でございます。

かなりしっかりした本で重量もあるので、
これを会場で買って綺麗に持ち帰れる自信がない方は通販がオススメ。
中身は購入ページにもサンプルがありますが

こんな感じ。

購入は朝日新聞SHOPから行えます▼ ※会員登録をしなくても購入可

★朝日新聞SHOP 公式HP: https://shop.asahi.com/
商品名: 「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」
商品URL: https://shop.asahi.com/products/detail.php?product_id=1537
価格: 2,500円(税込)
送料: 700円
支払方法: クレジットカード、後払い(コンビニ振込など)、代金引換

★特別展「三国志」 公式HPはこちら▼
https://sangokushi2019.exhibit.jp/

コーエーテクモゲームスが協力している関係で、
カウントダウンは真・三國無双8の武将で行われています。

イベントのチケットに関しましては既に先行販売等もされており、
各サイトから購入が出来るようになっているので
当日の混み具合を見込んで先に買っておくのがベストかも。
勿論、当日チケットもありますが前売り券の方がやや安め。
一部のグッズ付きチケットは終了している場合もありますので、各自、ご確認ください。
詳しくは特別展「三国志」公式のチケットページへ。

因みに私は通常の前売り券(1,400円)で既に発券済みであります(・ω・)/
来月行きますが、その前に届いた本を読んで予習しておくぞー!
nice!(1)  コメント(0) 

三国志アクセサリー(ブレスレット)届いた! その2 [三国志]

推し武将(?)が周瑜なのは何度も言ってる通りですが、
前回、ASIAMOKU(アジアモク)様で周瑜の断金ブレスレットを買った旨を書いた際、
“断金”が何であるかを書かなかったので引用すると、
断金の交わり
【読み】 だんきんのまじわり
【意味】 断金の交わりとは、きわめて堅い友情で結ばれていること。非常に親しい交わりのこと。

【断金の交わりの解説】
【注釈】 二人が心を合わせたら、金をも切断するほど固く結ばれた友情の意味から。
『易経』に「二人心を同じくすれば、其の利きこと金を断つ(二人が心を一つにすれば、その鋭さは金をも断ち切るほど)」とあるのに基づく。

故事ことわざ事典 - 『断金の交わり』より引用


と言う訳で、孫策と周瑜は同い年で無二の親友なのです。

そこに至るまでの経緯ははじめての三国志様の記事が詳しいのでこちらへ。
イラストが可愛いのと、ある程度の流れと人物さえ分かれば少しの説明でも理解出来ると思うので是非。

そんな訳で、孫策も購入~!

それがこちら▼

孫策の断金ブレスレット 2,500円

上記の理由から二人のブレスレットは色違いのお揃いデザインとなっていて



こんな感じです。
周瑜様のは一度巻いた後なので汚くて申し訳ないです…

で、巻いてみた。

今度は右手首に。

前回、左手首に巻いた時、幅がちょっと太かったので気持ち狭めてこんな感じ。

赤から濃灰のグラデなので周瑜様のように悩むことなく一回で綺麗に巻けた気がする!
※アイテムの詳細はこちら→https://asiamoku.thebase.in/items/14567546

因みに、官僚である許貢を殺害したことでその恨みから食客により暗殺された孫策の享年は26歳。
赤壁の戦いを経て次なる戦への準備中に病没した周瑜の享年は36歳。
元々孫策に従事していた周瑜が孫策の死後10年目にして漸く彼の元へ行けたのね…!
という解釈をしたばっかりに、現世になっても一緒に居られないなんて可哀相!と思い、購入。

これでいつでも一緒に居られるね!!!

と言う訳で、神戸に行く時は二人とも布陣させます。手首かカバンに。
他の武将モチーフのブレスレットも綺麗なので、興味がある方は覗いてみて下さいね!

巻き方はこれから要研究!
nice!(2)  コメント(2) 

三国志アクセサリー(ブレスレット)届いた! [三国志]

決して無双からハマった訳ではない三国志ですが、
演義も正史も大皇帝も無双7も周瑜が一番好きなので私の推し武将(?)は周瑜なんですが、
三国志アクセサリーでさ!周瑜があったから買っちゃったよね~!勢いで!

◆ASIAMOKU(アジアモク)
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 土・日・祝
公式HP:
 中国陶器のアクセサリー: https://minne.com/@asiamoku
 三国志アクセサリー: https://asiamoku.thebase.in/
Twitter: https://twitter.com/asiamoku
※近畿地方での活動で、実店舗ナシ

私が買ったのは三国志アクセサリー内にあるこちら▼
https://asiamoku.thebase.in/items/14567649


周瑜の「断金」ブレスレット 2,500円+送料(一律185円)


包装裏側


届いた直後は黒い巾着袋に入っております。
おまけのチャイナステッカーも嬉しい!

で。巻いてみたのがこちら▼

上側は綺麗なんだけど、


下側が雑くて申し訳ない。

おまけに手首が細くて上手く巻けないので、綺麗に巻けるように練習するぞ!
…もう少し幅を狭めてもいいかな?


★巻き方★ ※自分が忘れそうなので念のため。

1.巻始めから5cmの位置を手首に合わせる
2.垂れている側にチャームを少しずらす(3cm~5cmほど)
3.そこからぐるぐる巻く
4.最後に両端をそれぞれ内側にIN!
※巻き方の説明書も同封されていますが、上手く巻けなかったので私は包帯のように巻いています。

孫策(こちら)のように同系色のグラデーションならそれほど悩まずに巻けそうですが、
周瑜のブレスレットは色合いがハッキリしているタイプなので色の並び順が重要かも。


これ付けて新長田(神戸)に行くので、それまで要精進!
nice!(3)  コメント(2) 
三国志 ブログトップ

PAGE TOP