So-net無料ブログ作成
【近状★2019/7/27:ヘッダー画像変更】
*当ブログにある画像や写真の「無断転載・無断配布・二次加工・二次配布」は禁止していますので、
  何かありましたらメールフォーム(別窓)の方にお願いします。
*各絵・各写真への苦情・中傷は受け付けておりません(企業や店舗等は除く)。
*ブログにUPしている一部の写真(原寸)は素材としてPhotoAC(別窓)にて取扱中。
*お知らせ等で記事内を一部修正・追記した場合、更新日時を近くに明記しています。ご確認ください。

【京都】サウナの梅湯!(銭湯) [おでかけ-鎌倉以外]

前の更新から大分日が空きましたが、
銭湯へ行くのに抵抗のない友人と共に旅館・宿や平岩さんを出て直ぐのところにある
サウナの梅湯へ行ってみました。

◆サウナの梅湯(さうなのうめゆ)
場所: 〒600-8115 京都府京都市下京区岩滝町175
電話: 080-2523-0626
営業時間: 14:00~2:00(26:00) / 土曜朝風呂: 6:00~12:00
定休日: 木曜日
入浴料金: 大人 430円 / 中人(小学生) 150円 / 小人 60円 ※サウナ料金込み
備考:
 ・手ぶらでOK(シャンプー・ボディーソープ30円、ドライヤーは無料)
 ・タオルの貸し出しは30円
 ・Free Wi-Fi
 ・刺青・タトゥーOK
公式HP:-
Twitter: https://mobile.twitter.com/umeyu_rakuen



外観(2018/10/17 撮影)


詳細は中にあるフリーペーパーで確認を。
クリックorタップで少し大きくなります。


左側が入り口で、上が女湯、下が男湯です。

銭湯なので中の写真はありませんが、
こちらのサイトに浴槽等の写真が掲載されていますので参考にどうぞ。
※当ブログとは関係ありません。

あと、男湯の方は分かりませんがお湯が熱すぎて入れない!って方でも、
少しぬるめの浴槽があるので大丈夫ですよ!
ただ、段差はあれど思ったより深いので背の低い方は気を付けて!

因みに私が行った時の、そのぬるめの浴槽は「花香水(はなこうすい)」というピンク色のお湯でした。
※花香水とその隣だけ色のあるお湯で他は色なし。

“銭湯”は建屋も含めて雰囲気が好きで足を運ぶんですけど、
熱いお湯に浸かろうとすると痛痒くなってしまうので大抵水が出てる近くに居るんですが、
こちらはそれもダメでアチチチチって言ってたら近くに居たおばちゃんに
「こっち(花香水)なら少しぬるいよ!」って教えてもらってずっとそこに居ました(笑)

おばちゃん…教えてくれてありがとう…(´ω`*)

お風呂から出た後はフルーツ牛乳を飲んでプハーッとなったところで

オリジナルタオル(420円)を買って出ました。

今度は二日とも入浴したいので、木曜日に被らない様に泊まるぞー!

宿や平岩さんに泊まると旅館を出て、
嘗ての五条楽園入口まで真っ直ぐなので迷うことがないのも良いですね♪

徒歩1分。近ッ

旅館の内風呂も良いですが、こちらも試されてみては…?
nice!(2)  コメント(2) 

PAGE TOP