So-net無料ブログ作成
【近状★2019/7/27:ヘッダー画像変更】
*当ブログにある画像や写真の「無断転載・無断配布・二次加工・二次配布」は禁止していますので、
  何かありましたらメールフォーム(別窓)の方にお願いします。
*各絵・各写真への苦情・中傷は受け付けておりません(企業や店舗等は除く)。
*ブログにUPしている一部の写真(原寸)は素材としてPhotoAC(別窓)にて取扱中。
*お知らせ等で記事内を一部修正・追記した場合、更新日時を近くに明記しています。ご確認ください。

【BinaryStar】チカイ終了! [乙女ゲーム]


Binary Star - PS Vita

公式サイト: http://www.otomate.jp/binarystar/

無事に終わったので感想をば!



(CV.鈴村健一)
28歳で、チームの中では最年長。素直で優しい性格の持ち主で、
最年少のミクト以上に子どもっぽい一面を持っている28歳。
【ホシ】に詳しく、成分や種類などの知識が豊富だったり、毎晩
コンピューターで何かを調べているなど、謎めいた部分も多い。
好きなものは、とにかく甘いもの。食卓に
塩辛い食べ物が出ると、甘いソースなどを掛けて食べるほど。

※公式サイトより引用


パッと見た感じ、ワンドオブフォーチュンのアルバロに似てるなって。声も同じ人だし。
でも実際プレイしてみたら

口調はこんなだし、

時には笑顔で

本音を言うタイプの子なんですが、
ユン、レイラ、ミクト、チカイの中では一番シナリオが重いです。

それもそのはず。

チカイはカノウ製菓という大手菓子メーカーの息子。
13年前に父親を殺されており、そこに繋がる元凶もやはりホシで、
チカイルートでは常に会社絡みの話が付きまといます。

ホシに魅せられてしまった父親の友人は倒産の逆恨みを経て、
チカイを騙してホシを舐めさせた挙句、チカイを人質に取って殺そうとしました。
しかし、銃殺を試みた父親の友人からチカイを庇った父親は、
その場で命を落としてしまいます。

その後、ホシを舐めさせられてしまったチカイは天界に保護されることになるのですが、
そこで一人の少女と出会います。

作中では“亡くなった人は星になり空から見守っている”というのが前提にあるため、
窓のない部屋からでは空を見上げられないからと、
壁に掛かっていた星空の絵に向かって、その少女は失くしてしまった両親に語りかけます。
それを聞いたチカイは不思議そうにその少女に声を掛けますが、
その少女と話しているうちに父親を失った悲しみを必死に閉じ込めて強がる自分に気付かされ、
この時、チカイは漸く前を向くことが出来るようになります。
しかし程なくして天界を後にしたチカイはいつかその時の少女に会って、
お礼がしたいと願い続けて今日まで来ました。

常に死と隣り合わせな天遣が息抜きできる場として
天遣塔には地下にレクリエーションルームがあるのですが、
そこに備え付けられていたプラネタリウムの星空を見て
ヒロインは幼い頃に失った両親に語りかけます。

それを偶然見たチカイは、あの時に会った少女が目の前にいるヒロインであることを知り、
お礼をして、あの頃から君が好きだった、ヒロインが初恋の人だと告げる。
当時のチカイは15歳、ヒロインは7歳と歳の差はありますが、
相手が何気なく言った言葉であっても、どん底から救ってくれた人は歳関係なく、
そういう対象に見えるのだろうな、と。
あくまでチカイ視点ですが。

そう。恋愛過程がチカイ視点で進み過ぎていくため、
ヒロインは急にそんな事を言われても……な訳です。

だからどんなに初恋だなんだと言われて、挙句の果てに勢いでキスをされても
ヒロイン自身はまだチカイの事は何も知らない状態なので、
何度も泣かされたり、なんて言えば分ってくれるんだろう?という感じなので、
恋愛模様の描写は他の3人に比べると非常に丁寧だなという印象。

また、チカイは普段と真面目な時のギャップが両極端なので、
落ちていく時はとことん落ちていきます。
ラブルート側のバッドEDという名の狂愛EDなんかは特にそう感じる。
何処で道を間違えてしまったのか、

最終的にこうなってしまいますから。

ユンのように最初から狂愛度が高かったり、
ミクトのように家族絡みで周りが見えなくなるんじゃなくて、
チカイの場合はマトモな人がじわじわ病んでいくパターン。
(レイラはそれほど感じなかった…ような?)

そんな彼に振り回されながらもヒロインは
徐々にパートナーとして選んだチカイに恋心を抱き始め、
どんな無理難題を提示しても、お互いを補っていくと言う形で無事にハッピーエンド。


勿論、そこに至るまでには様々な人が関わっているのですが、
チカイルートは会社絡みなストーリーなのも相まって、

チカイを陰で見守る護衛役が

サクライ・ナチ(CV.蒼井翔太)だった、というから驚きです。


正体が露見するまで

普通に喋っていたし攻略対象にもなっていないから、
ただの盛り上げ役みたいなサブキャラ的立ち位置かと思っていたら、そうじゃなかった!

ナチが攻略できなくてもチカイルートは必見です。
ナチの苦労がこれまたグッときます。
そうまでしてチカイを……ウッ(´;ω;`)ってなります。


一方のチームルートEDは意外とあっさりしていました。
ラブルートほど真相には近付けないので、ターゲットを確保して一件落着って感じでしたが、
天遣塔に戻ってきてからのグダグダは要らなかったかな。

チカイはラブルートのベストEDが良いのでオススメです。
私は狂愛EDも好きですけどね!!
というか狂愛EDの方が好きです。ごめんなさい。
病みED最高。好き(歪んだ愛)


因みにこのルートで残念だったのは、
ナチの声がONになったりOFFになったりのバグがあったこと!

設定で

・サクライ・ナチ→ON
・その他→OFF

にした状態で、ナチの本名が明かされた後から
ナチなのに喋らなくなる箇所があったのが残念!

チカイルートはナチで居る時とアスカで居る時が混在しているので、
ごっちゃになっちゃったのかな。
※ツキカゲ・アスカはチカイルートでしか判明しないため、「その他」扱い
※相変わらずショタ声が苦手です(BinaryStarも立ち絵のないモブキャラの声が例によって微妙)


ということで、チカイ攻略でぐっと真相に近付いた本作。
ラストを飾るのはナナさんこと、ナナセ・イヅキ!

感想は後ほど書きます!
毎度のことですが、気になった方は是非プレイ!

余談ですが、スクショがあまりないのはプレイ後に見たらユンだらけになっていたからだよ!(またかよ)
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 2

コメント 2

雪渦

読んでるだけで泣きそうになります
優しいが故にといった感じでしょうか 
しかし今更ですが絵綺麗ですね こんなふうに書けたらいいなぁ
と綺麗な絵を見るたびに思うんですが 書けないんですよねー§ ̄▽ ̄§
by 雪渦 (2018-01-04 04:51) 

葉涙

このルートは所々にうるっとくるポイントがあって
その都度、泣きながらプレイしました。
自分に自信のないチカイが垣間見れるのも、
それを支えて行こうと頑張るヒロインも見てて微笑ましかったです。

人間って描くの難しいですよね…。
それに加えてこの配色は…センスがないと無理っぽい(´▽`;)
by 葉涙 (2018-01-05 23:05) 

PAGE TOP